サティスファイヤという玩具を所有する男性
男なら誰でもいいと思っていました。とりあえず、1人にならなければそれで良い。出会い系で知り合った男性でも、太っている男性でも、ハゲている男性でも、私に優しくしてくれる男性なら誰でも良い いと思っていました。そのお陰か、私は高校生から一度も彼氏がいなかった時期はありません。同じ彼氏とずっと付き合っているわけではないけれど、1ヶ月彼氏がいないことはありませんでした。

そして、今の彼氏は出会い系で知り合いました。名前は靖幸。見た目は小太りで年齢は私と同じ歳なのに老け顔。今まで彼女が出来たことがない童貞。童貞と付き合うのは初めてだったので新鮮な感じでした。靖幸は初めて出来た彼女ということもあって私がいう頼みごとなど素直に聞いてくれたり、21歳にもなって親から多額の小遣いを貰っているせいか私に色々とプレゼントしてくれます。そんな彼と付き合って3ヶ月目で彼の童貞を卒業させました。喜ぶ彼に対してあまり満足しなかった私。しかし、これをきっかけに靖幸の性に対して色々と目覚めてきました。

「君のクリトリス開発したい。」「何言っているの。」「ネットで調べ色々調べたんだけどクリトリス開発したらもっと君が気持ちよくなると思うんだ。」「このままでいいよ。」「そうか。残念。」正直、あまり靖幸とHしたくない私はクリトリス開発なんてしたくもなかった。しかし、それ以外にも少しずつ変わっていく靖幸に私は彼との別れも早いかなと感じてしまいました。
クリ拷問
クリ吸引

今日のアクセス:1/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:2


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理